2012年12月05日

欺かれた感覚

374013_197318017071191_1582729685_n.jpg琥珀色した半透明の悲しみが
深紅の海に溶け合い、

無言の帰路に着く頃、また新たな悲しみが丘の上を駆け上り

遠い空に澄み渡りる。

思いがけない物語の中に
存在の儚さは露呈され

理不尽な悲しみは無言のまま
永遠という名の感覚に欺かれながら帰宅する。

其れでも僕は幼子の様な顔で
偽りの海に浮かぶ真実を
追いかける。

何度も何度も溺れかけはしが、僕はけして其れを離そうは
しなかった!

そうだ!其れこそが僕の欺かれた最後の感覚だ!

時に感覚は欺かれながら、
飛翔する。

其れ故、僕は孤独になった。
孤独になっても、尚且つ僕は
欺かれ続けた。

其れが、初めからの僕の覚悟だった?


posted by katu at 21:09| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック