2011年12月27日

鳥籠の女

恥じらう様子もなくs23.jpg
虚ろな眼をする
哀れな女
記憶の壁に凭れては
悲しく天を見る
涙を流す事も忘れ
運命に身を投げ
己の性に固執する
哀れな女
いったい何が女の
運命を狂わせた?
貴女の威厳は
身を潜め
墓場を彷徨く
野良猫の様に
残飯を漁っては
駆け出し
赤い鳥籠を塒に
金色の夢を見る
信仰に慰めを求めるが
慈悲の意味も解らぬまま遠き空に手を合わせ
見知らぬ男女の温もりに愛を見る
女の前では、神も
底知れぬ異邦人
慈悲の導きも無く
ただ女の前を通り過ぎ

冷たい冬の木漏れ日
だけが女の身体を
慰める
あぁ!なんと憐れな女
女の哀しみに鳥籠が
静かに揺れている

posted by katu at 00:22| Comment(7) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
絵も詩もオモロイ
Posted by at 2012年01月18日 14:30
この絵の女は自分の彼女に似ているかも
Posted by at 2012年02月10日 00:57
完全素人娘限定!写メ付き直メ付き!しかも無料!上手にやり取りすれば相手に困る事のない潤った生活が約束されます!清楚系からGAL系まであなたが今一番遊びたい子と仲良くなって下さいね★
Posted by Love Search at 2012年02月16日 11:01
ここではあなたが物語の主人公です。あなた視点で物語は進行していきます。実際に体験してもらうんです!
Posted by どきんちゃんメール at 2012年02月17日 03:42
病的な感じがなかなか良い
Posted by at 2012年03月01日 00:43
この詩は私の好きな詩です。
絵と詩がマッチしていると思います
女性のすこし病んだ感じの顔に、なんだかとても惹かれます。
Posted by at 2012年04月11日 01:36
線が綺麗だね。
Posted by at 2012年04月28日 01:12
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック