2017年10月28日

ローマ

東の空に昇る太陽は

西に傾き南の空に浮ぶ頃

S__0001.jpg

古の街は正気を失い


逸楽の楽園へと変貌し

黒いカラスの影は消え失せて

燦々と照りつける


太陽だけが

我が身の影を地上に刻みこむ


感覚は鈍く研ぎ澄まされ

石畳へと流れゆき

古の彫像の影を追う



我が身に光る一粒の汗は

古の暴君の哀しみを誘い

闘技場で流された血は

歓喜に満ちた民衆の歌となり

教会の鐘が街中に鳴り響き

尼僧達の裸体に流れゆく


ローマよ!


貴方の栄光は少しも色褪せること無く永遠に続く!


つづき
posted by katu at 00:56| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月23日

幻夢

S__6128057.jpg遠い記憶の海に僕の知らない過去がある。


明け透けな

真赤なカーテンの奥に

僕の知らない過去がある


古の男女の誓いを思わせる  鳥達の囀りに

僕の忘れた記憶が蘇る


其処はまるで楽園!

哀しみの無い楽園!


蝶が舞い

真紅の花弁が

傾けたグラスの底に沈み逝き

大人達の馬鹿げたダンスが

幕を開け


飛ぶことを忘れた鳥達が

地面をかけ廻り

芳醇な花の蜜を吸い上げ

行き場をなくした子供達が


静かに僕の前を通り過ぎ

優しく微笑んだ。


posted by katu at 01:39| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月25日

旅立ち

四月の花弁は夜空を舞い
冷たく光る月に触れながら
我を忘れ

一瞬の刹那に美を求め
旅人は、また旅を続け
商人の居ない街を目指し
彷徨い続ける。

僕の放蕩はやがて終焉を迎え
自らの弔いに花を添え
時は過ぎて行く

ラベル: 旅立ち
posted by katu at 22:30| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする